芸能ドラマエンタメ速報シネマドットコム@チロ

芸能関係、映画内容や最新情報などのエンターテインメントを主に発信しています


    2018年1月の石原の医療ドラマ

    普通話題になるのは直近のドラマだけど、もう来年のドラマの話題やってるんですね(^^;)

    1 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ :2017/09/19(火) 20:04:17.63 ID:CAP_USER9.net

     2018年1月からスタートするドラマ『アンナチュラル』(TBS系)に、女優の石原さとみ(30)が主演することが明らかになった。脚本は、人気ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)を手がけた野木亜紀子氏が担当。石原と野木氏のタッグに注目が集まっているが、石原が演じる役柄に違和感を持ったファンも多いようだ。

     このドラマは、医療の現場を描く法医学ミステリー。日本に新設された、死因究明専門のスペシャリストが集う「不自然死究明研究所(UDIラボ)」を舞台に、不自然な死を遂げた人の死因を解き明かしていくというストーリーだ。

     石原が演じるのは、日本に170名ほどしかいない“法医解剖医”の三澄ミコト。「不自然な死(アンナチュラル・デス)」を放置することが許せない彼女は、個性的な仲間たちとともに死因究明に全力を注ぐ。石原は、「子どもの頃から医療ドラマが大好きなので、今回、野木さんのオリジナル脚本で演じられるのがとてもうれしいです」と、同ドラマの公式サイトに意気込みをコメントした。

     人気女優である石原の主演ドラマということで期待が寄せられているが、中には石原が解剖医役というキャスティングに疑問を持つ人もいるようだ。ネットには「石原さとみが解剖医? 似合ってない」「医師というイメージじゃない!」と、批判的なコメントが上がっていた。

    「近年、石原さとみは“小悪魔女子”役が好評で、その印象が強く残っている視聴者も多いのでしょう。ただ、脚本の野木亜紀子さんのツイッターによると、今回のキャストは野木さんの希望通りとのことですから、期待できると思いますよ」(芸能誌ライター)――どんな医療ドラマになるのか、今から来年が楽しみだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1356534/
    2017.09.19 18:00 日刊大衆


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【2018ドラマ】似合わない? 石原さとみ「医者役」に疑問の声 あのキャラで医者はないだろwwww】の続きを読む


    個人的にあまり好きではないけど、石原さとみの写真集が売れに売れまくっているようです。

    1 鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/ :2017/09/21(木) 07:18:39.09 ID:CAP_USER9.net

     女優の石原さとみ(30)の写真集『encourage』(宝島社)が、9月1日の発売から2週間で2度目の重版が決定し、累計発行部数が11万5000部に達したことが、わかった。これを記念し、新たな誌面カットが公開された。

     石原にとって6年ぶりの写真集となる同作は、石原たっての希望だったキューバで行われ、異国の市街地や美しい海辺でのカット、タクシー移動時や部屋での寝起きなど、素顔の表情を余すところなく掲載。また、両親や友人とのスペシャルトーク、石原本人が30年を振り返る5万字インタビュー、直筆によるドラマ出演時のヘアメイク解説も収録されている。

     発売前から予約が相次ぎ、発売初日に重版が決定。初週で4.2万部を売り上げ、9/11付けオリコン週間“本”ランキングの写真集ジャンルで初登場1位を獲得すると、勢いは衰えずに2度目の重版が決定した。

     石原は「たくさんの方に手に取っていただけたことを心からうれしく思います」と感謝。「人生をこれほど深く丁寧に振り返り一冊にまとめるのは最初で最後かもしれません。写真も、背伸びせず見栄を張らず、そのままの今の自分を収めることができました。将来見返したときに貴重だと思えるものになったと思います」と紹介し、「どうか多くの方の手にこれからも渡っていきますように」と呼びかけている。


    2017-09-21 06:30
    http://www.oricon.co.jp/news/2097600/full/

    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    【【累計発行11.5万部】石原さとみ写真集、2週間で2度目の重版という異例の快挙】の続きを読む


    根強いファンが未だにいる銀河英雄伝説が18年の4月に放送されるけど
    このアニメ、前もアニメ化されてなかったっけ?

    1 芹沢健吉 ★ :2017/09/20(水) 22:15:53.15 ID:CAP_USER.net

    MANTANWEB:https://mantan-web.jp/article/20170920dog00m200022000c.html


    (出典 storage.mantan-web.jp)

    田中芳樹さんの人気小説「銀河英雄伝説」の新アニメプロジェクト「銀河英雄伝説 Die Neue These(ディ・ノイエ・テーゼ)」シリーズの第1シーズン「邂逅」が、テレビアニメとして2018年4月から放送されることが20日、明らかになった。
    第1シーズンは18年4~6月に全12話を放送し、第2シーズン「銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱」は19年に全3章、全12話構成としてイベント上映する。
    また、宮野真守さんがラインハルト、鈴村健一さんがヤン・ウェンリー、梅原裕一郎さんがキルヒアイスをそれぞれ演じることも発表された。

    新アニメプロジェクトのPVも公開。ラインハルトとキルヒアイス、ヤンが登場するほか、宇宙空間での艦隊戦が描かれている。
    「銀河英雄伝説 」の朗読を行ってきた下山吉光さんがナレーションを担当する。

    20日、東京都内で開かれたイベントで発表された。イベントには、原作者の田中さん、新アニメを手がける多田俊介監督に加え、前作でラインハルトを演じた堀川りょうさん、キルヒアイス役の広中雅志さん、ユリアン役の佐々木望さんも出席した。

    「銀河英雄伝説」は、銀河帝国の“常勝の天才”ラインハルトと自由惑星同盟の“不敗の魔術師”ヤン・ウェンリーの対決を中心に銀河の興亡を描いた作品。
    1988年からアニメ化され、本編110話、外伝52話、劇場版3作が製作された。新アニメはProduction I.Gが制作する。

    ◇発表されたスタッフ(敬称略)

    ▽原作:田中芳樹(東京創元社刊)
    ▽監督:多田俊介
    ▽シリーズ構成:高木登
    ▽キャラクターデザイン:菊地洋子、寺岡巌、津島桂
    ▽総作画監督:後藤隆幸
    ▽特技監督:竹内敦志
    ▽メカデザイン:竹内敦志、臼井伸二、常木志伸
    ▽オリジナルメカデザイン:加藤直之
    ▽制作:Production I.G
    ▽監修:らいとすたっふ
    ▽企画協力:キティエンターテインメント
    ▽制作協力:徳間書店
    ▽製作協力:DMM pictures
    ▽製作:松竹・Production I.G


    【【新アニメ】銀河英雄伝説が18年4月放送 宮野真守 鈴村健一など豪華声優陣が揃い踏み】の続きを読む

    このページのトップヘ