芸能速報シネマドットコム@チロ

芸能関係、映画内容や最新情報などのエンターテインメントを主に発信しています

    カテゴリ:国内 > 天気・災害


    この時期にこの規模の台風って珍しいみたいだね(´・ω・`)

    1 通り雨 ★ :2017/10/23(月) 07:10:35.86 ID:CAP_USER9.net

    衆院選投開票の22日に本州へ接近している超大型で非常に強い台風21号について、
    気象庁は22日、関東に接近、上陸する台風としては「史上最強クラス」との見解を明らかにした。

    23日未明から明け方にかけて関東、東海地方に上陸する見通し。
    23日の通勤時間帯に影響する恐れがある。東海で24時間雨量が最大600ミリと予想されるほか、
    進路西側の近畿、北陸でも雨量の増加が見込まれる。広い範囲で暴風雨となり、衆院選の投票率や投開票の作業にも影響が出そうだ。

    気象庁によると、台風21号は日本の南海上を北へ速度を上げながら進んでおり、
    23日午前0時には紀伊半島にかなり接近し、23日明け方までには愛知県から千葉県にかけての沿岸部に上陸する恐れがある。
    関東を縦断した後、東北の東沖へ抜け、24日午前には北海道の東で温帯低気圧に変わる見通し。

    海面水温の高い海域を通ったことで勢力を強め、中心気圧965ヘクトパスカル前後で最大風速40メートルの
    強い勢力と大型の強風域を保ったまま上陸するとみられる。

    関東へ上陸した台風としては中心気圧960ヘクトパスカルが記録上最低で、関東へ上陸すれば「史上最強クラス」(同庁)。
    また、「超大型」での上陸は全国的に前例がないという。

    続きはソース先をご覧ください
    http://www.sankei.com/affairs/news/171022/afr1710220013-n2.html

    2017/10/22(日) 17:06:45.03
    ※前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1508707668/


    【【台風21号】関東上陸「史上最強クラス」 気象庁見解、23日未明から明け方に 300ミリは都心の1カ月分超って大丈夫(´・ω・`)】の続きを読む


    福島県ばっかり地震が起こって、福島県はいったいいつになったらまともな生活ができるようになるのか

    1 みつを ★ :2017/10/07(土) 05:48:44.57 ID:CAP_USER9.net

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171007/k10011170991000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_004

    6日夜遅く、福島県沖を震源とする地震があり、福島県楢葉町と川内村で震度5弱の揺れを観測しました。この地震について、気象庁は、6年前の東北沖の巨大地震の余震だとしたうえで、引き続き今後の余震活動に注意するよう呼びかけています。

    気象庁によりますと、6日午後11時56分ごろ、福島県沖を震源とする地震があり、震度5弱の揺れを福島県楢葉町と川内村で観測しました。

    また、震度4の揺れを福島県の福島市や郡山市、いわき市、白河市など、宮城県の名取市、岩沼市など、それに茨城県笠間市や栃木県の大田原市など、東北と関東の各地で観測しました。このほか、震度3から1の揺れを、北海道や東北、関東甲信越、それに静岡県の広い範囲で観測しました。

    気象庁の観測によりますと、震源地は福島県沖で震源の深さは53キロ、地震の規模を示すマグニチュードは5.9と推定されています。この地震による津波はありませんでした。

    気象庁の松森敏幸地震津波監視課長は、記者会見で、「揺れの強かった地域では、落石やがけ崩れなどが起こりやすくなっている可能性があるので、今後の地震活動に注意してほしい」と呼びかけました。

    また、今回の地震は6年前の東北沖の巨大地震の余震だとしたうえで、「きのうは、福島県沖でマグニチュード6.0の別の地震が発生するなど、余震活動は依然として活発なので、引き続き注意してほしい」と呼びかけました。

    10月7日 5時11分


    (出典 az416740.vo.msecnd.net)


    【【福島で震度5弱】巨大地震の余震 今後も注意】の続きを読む


    何だかんだで九州って災害とか多い(´・ω・`)

    とりあえず野鳥に期待するしかない

    1 名無しさん@涙目です。 :NG NG BE:878978753-PLT(12121).net


    鹿児島県の病害虫防除所は26日、出水市やいちき串木野市などでカメムシが
    例年の5~6倍の数で大量発生していると明らかにした。スギやヒノキなどエサになる
    実がことしは多かったことが要因の一つとみられ、防除所は「作物の生育に影響がある」
    と注意を呼び掛けている。

     防除所によると、大量発生が確認されているのはツヤアオカメムシと
    チャバネアオカメムシで、薩摩半島を中心とする8カ所の観測点のほぼ全てで、増加していた。

     カメムシはかんきつ類やナシの表面を口針で刺して果汁を吸うため、
    果肉がスポンジ状になり、品質が低下するという。

    http://www.sanspo.com/geino/news/20170926/sot17092620010010-n1.html


    (出典 xn--lckya8id.xyz)


    【【天気・カメムシ】カメムシ大量発生 例年の5〜6倍と推定 窓はしっかり閉めないとヤバいぞ(゚Д゚;)】の続きを読む


    ゴキブリが大量発生よりはいいかな( *´艸`)

    1 岩海苔ジョニー ★ :2017/09/27(水) 13:26:25.79 ID:CAP_USER9.net

     鹿児島県の各地でカメムシが大量発生しているという報告が9月23日ごろからTwitterで多数に投稿され話題となっている。現地からの写真では店の看板やコンビニの窓などを緑一面に埋め尽くす様子が確認でき、検索ワードでも「鹿児島」と打つとすぐ「カメムシ」が出てくる状況。9月20日に鹿児島県病害虫防除所はカメムシ発生の注意報を県全域に発布しており、「台風18号が通過した影響ではないか」と原因を推測している。

     Twitterには霧島市やさつま町など鹿児島北部を中心に報告があがっており、ガソリンスタンドの天井、店の窓や看板、鹿児島空港など、あらゆる場所にカメムシがびっしり張り付く様子が撮影されている。霧島市・隼人在住の読者から提供された1枚には、夜灯が光るドラッグストアの看板に、目視で数万匹のカメムシが止まっていた。

    地域差はあるが県全域に発生しているようで、鹿児島市内で鹿児島中央駅周辺の予備校に勤務する男性(63)も「19日に寮の玄関の蛍光灯に、100匹ほど集まっている姿を目撃した。めずらしいことだ」と驚いていた。姶良市生活安全課の担当者は「私が把握している限りでは、大量発生についてメールが1件寄せられている。このような内容の相談は初めてだった」と回答。

     県の病害虫防除所は、過去の多発年と同じくらい多くの果樹カメムシ類(ツヤアオカメムシ、チャバネアオカメムシ)が予察灯で誘*れているのを確認したため、20日に果樹園経営者に向けて注意報第2号を発表した。誘殺虫数はこれまで多かった出水市だけでなく、各地域でも増加していると報告している。

     「平年に比べて5倍ほどの量ではないか。ただし2014年にも同じくらいの量が発生した。17日に台風18号が鹿児島を通過して山の環境が劣化し、住まいを追い出されたカメムシが町へ飛来してきたものだと考えている」(鹿児島県病害虫防除所・担当者)

     19日に長崎県、20日に奈良県の病害虫防除所も台風18号の通過後のタイミングで、果樹カメムシ類への注意報を発表している。Twitterでは鹿児島のような大量発生についての声はほとんどあがっていないが、長崎からは夜のスタンドライトに無数のカメムシが群がる動画が1本投稿され注目を集めている。各都道府県の病害虫防除所の発表に注意が必要そうだ。

    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/amp/1709/26/news126.html
    画像全般閲覧注意(虫多)

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【害虫】壁が緑一色に 鹿児島でカメムシが大量発生して現地は阿鼻叫喚www】の続きを読む


    普段はサイレンも放送もないのに、今回の18号だけは放送が知る限りでは3回。最後は深夜に来たので何事かと思った(゚Д゚;)


    1 みつを ★ :2017/09/16(土) 07:37:58.38 ID:CAP_USER9.net

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170916/k10011141801000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

    9月16日 7時30分

    台風の進路にあたる地域では、これからさらに風雨が強まって状況が悪化するおそれがあり、16日の日中、明るいうちに備えを進めることが必要です。

    まず、自分の住む地域でどのような災害が起こりやすいかや、避難場所がどこにあるかを、ハザードマップなどで確認してください。
    ハザードマップは多くの自治体がホームページでも公開しています。
    崖や川の近くでは土砂災害や川の氾濫のおそれがあるほか、海岸や川の河口付近の低い土地では高潮による浸水の危険性があります。

    また、台風は勢力が非常に強いため暴風にも厳重な警戒が必要です。
    気象庁によりますと最大風速が35メートルから40メートル以上に達すると、多くの樹木や電柱が倒れるほか、木造住宅の中で倒壊するものが出てきます。

    九州では16日夜から17日にかけて夜、暗い時間帯に雨や風がさらに激しくなることが予想されるため、避難が難しくなる前に安全な場所に移動することを心がけてください。

    台風が接近し、大荒れの状況では屋外での作業や外出は控え、増水した川や用水路、海岸など危険な場所には絶対に近づかないようにしてください。

    台風は17日以降、次第に速度を上げながら強い勢力のまま西日本の各地や東日本に近づく見込みで、こうした地域では急に、大荒れの天気になるおそれがあります。

    また、前線の影響で西日本や東日本の太平洋側を中心に台風が近づく前から非常に激しい雨が降り、台風本体の雨雲がかかる17日は猛烈な雨が降って大雨になるおそれがあります。

    台風から離れた地域でも気象庁からの情報や雨の降り方に十分注意し、早めに安全を確保してください。


    (出典 oki.ismcdn.jp)


    【【台風18号】台風 進路の地域 東北を北上中で今夜あたり北海道に上陸】の続きを読む

    このページのトップヘ