芸能速報シネマドットコム@チロ

芸能関係、映画内容や最新情報などのエンターテインメントを主に発信しています

    カテゴリ:女優 > 高畑充希


    ビジュアルが高畑充希では主演にはマッチしてない気がするのは気のせいか?

    1 muffin ★ :2017/12/05(火) 10:17:01.42 ID:CAP_USER9.net

    https://natalie.mu/comic/news/259446
    2017年12月5日 6:00

    阿部潤「忘却のサチコ」のテレビドラマ化が決定した。主人公・佐々木幸子役を高畑充希が務める。

    「忘却のサチコ」は29歳の文芸誌編集者・佐々木幸子が主人公のグルメコメディ。冷静で完璧な仕事ぶりから“鉄の女”と呼ばれ、周囲から一目置かれるサチコだが、結婚式当日に新郎・俊吾に逃げられてしまう。
    俊吾のことを忘れるため、サチコは美食を探し求めて奔走するが……。本作は週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館)にて連載中で、単行本は10巻まで刊行されている。

    ドラマ化を祝し、阿部による描き下ろしカラーイラストとコメントも到着した。阿部は「テレビで、サチコが動いて 食べて 忘却する!!? しかも、演じるのが高畑充希さん!!! もうこんなに嬉しいことはありません!!」とコメント。
    また、元々原作のファンだという高畑は「私自身のサチコさん愛が強い分、演じる時には自分の中で理想が高くなってしまって、普段とはまた違ったプレッシャーにドキドキヒヤヒヤしました」と語り、
    「台本の台詞の文体自体がフィーバーしています(笑)。映像と合体したら『激しい』食事シーンになって面白いのではと思います」と見どころを述べた。

    ドラマは「ドラマスペシャル 忘却のサチコ」として、2018年1月2日23時15分にテレビ東京系列にてオンエア。
    監督は星野源や乃木坂46などのミュージックビデオを手がけ、ドラマ「下北沢ダイハード」の演出も務めた山岸聖太が、脚本はドラマ「1リットルの涙」や大河ドラマ「花燃ゆ」の大島里美が担当する。
    なお12月11日発売の週刊ビッグコミックスピリッツ2018年2・3合併号の表紙には、サチコに扮した高畑が登場するほか、巻頭グラビアとインタビューも掲載される。


    (出典 cdnx.natalie.mu)


    (出典 cdnx.natalie.mu)


    (出典 cdnx.natalie.mu)


    (出典 cdnx.natalie.mu)


    (出典 cdnx.natalie.mu)


    【【ドラマ】忘却のサチコが話題!高畑充希主演スペシャルドラマとしてグルメ漫画が放送】の続きを読む

    高畑充希主演のドラマ

    過保護のカホコの高視聴率に加えて
    彼女本人の演技力や歌唱力なども注目が集まっています。


    1 名無しさん@涙目です。(SB-iPhone)@\(^o^)/ [CA] :NG NG.net


    高畑充希の「キレ芸」にネット騒然…深刻さ&コメディー混在の名作

     高畑の演技をたたえる人も多く、「高畑充希のお芝居好きだ」「あの役がすっかり板について、
    一生懸命だけどどこか抜けてる純粋箱入り娘の過保護ムスメにしか見えなくなるから高畑充希さすがだ」
    「高畑充希が評価されてるのはこういうことなんだね」「かわいいだけで演技力無い役者以外の子がカホコだったら
    見るにたえないドラマになってそうなスレッスレなところいってる」などの感想が視聴者からは上がっていた。
    1話と2話では演技に非常に違和感があったが、今回のブチ切れシーンから逆算するとあれで良かったとも言えるだろう。
    視聴者みんながカホコを応援したくなるような気持ちにさせるという意味では、
    脚本・演出・演技のすべてがうまくはまったという感じだ。深刻なテーマ性を持つ部分とコメディーっぽさや恋愛要素をバランスよく描き出し、
    さらに1話の中でカタルシスまで与えてくれた3話の展開はとても素晴らしかったと評価したい。
     
    今後もカホコがあまり空気を読めないままに家族や親戚たちのおかしな点をズバズバ斬っていく展開になるのだろうか。
    今のところ問題が明るみに出ているのはイトと叔母の教子(濱田マリ)の2人だけだが、
    その他の人物たちも何か闇を抱えていそうな気がする。高畑が痛快に世の中のゆがみを正していく展開を見たい。

    http://biz-journal.jp/2017/07/post_19958_2.html


    (出典 s.eximg.jp)


    【高畑充希は演技の天才であることがようやく判明】の続きを読む

    このページのトップヘ