芸能速報シネマドットコム@チロ

芸能関係、映画内容や最新情報などのエンターテインメントを主に発信しています

    カテゴリ:女優 > 真木よう子


    殺しても死ぬような女じゃないから心配無用WWW

    1 muffin ★ :2017/12/11(月) 18:20:16.04 ID:CAP_USER9.net

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201712110000496.html
    2017年12月11日17時41分

    体調が心配されていた女優の真木よう子(35)が、俳優松尾諭(42)のツイッターに登場。元気そうな姿を見せてファンを安心させた。

     真木は11月、体調不良のため出演予定だった映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」(大根仁監督、来年公開)を降板。
    それ以前にもSNSでの炎上騒動や、主演ドラマの打ち切り騒動など心労が重なったと見られ、精神面を心配する声があがっていた。

     しかし松尾は10日、ツイッターで「真木よう子に久しぶりに会ったので殴ってもらった」と、真木に顔面を殴られている写真とともに報告。
    真木のちゃめっ気たっぷりで元気そうな笑顔に、ファンからは「真木よう子さん!元気そうで良かった!!」「よう子さん、元気そうでなによりです」「真木よう子さんが元気そうで安心しました」と安堵(あんど)の声が多数寄せられた。


    (出典 www.asagei.com)


    【【芸能】" 真木よう子 "の不屈の精神に称賛の声多数。松尾諭「久しぶりに会ったので殴ってもらった」の写真と一緒に報告WWW】の続きを読む


    CM女王って羊

    1 きゅう ★ :2017/11/20(月) 17:31:41.75 ID:CAP_USER9.net

    出演を予定していた映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」(来年公開)を降板した真木よう子(35)だが、所属事務所との穏やかならぬ関係が浮き彫りになってしまった。

     配給元は10月下旬、真木の事務所が体調不良を理由に降板を申し入れて来たことを発表していた。

     ところが、真木は一部の報道によると、降板させようとした事務所に真木が反発。プロデューサーと監督に続投を直談判していたという。そして、直撃に対しても「私が決めたことではないので…」と自らの意向での降板ではなかったことを明かしている。

     「8月のツイッターの炎上騒動の時点で、もはや事務所がコントロールできる状態ではなかった。仕事をめぐってこれまで何度も事務所と対立。真木が事務所を辞めるのは避けられない自体だが、このところ、以前なら真木に来るようなオファーがある女優に行ってしまいかなりいら立ちや焦りがあったようだ」(映画業界関係者)

     真木をヤキモキさせていたのは、昨年13社のCMに起用され“CM女王”となった吉田羊(年齢非公表)だという。

     「女優のタイプとしては“ツンデレ”で完全に真木とかぶっているが、演技力と人当たりでの業界の評判は吉田の方が上。真木は映画『ベロニカは*ことにした』(06年公開)で激しい濡れ場を披露して成り上がった。それに対して、吉田は脱がずに成り上がっただけに、真木は親しい関係者に『悔しかったら*みろよ。アイツ』と漏らしたことも。真木の主演映画『脳内ポイズンベリー』(15年)で吉田は脇役だったが、関係者は2人がニアミスしないようにかなり気をつかっていた」(同)

     いつの間にか、真木と吉田は「共演NGリスト」入りしていたようだ。


    http://wjn.jp/article/detail/4319479/

    (出典 images.wjn.jp)


    【【芸能】真木よう子があの“CM女王”が目障りだったと激白し物議に】の続きを読む



    (出典 up.gc-img.net)


    ドラマとかで大コケしたの引きずってるのかな(´・ω・`)

    1 名無し募集中。。。 :2017/11/10(金) 03:02:42.46 0.net

    女優・真木よう子(35)が、篠原涼子(44)主演の映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」(来年公開予定)への出演を、撮影直前に降板していたことが9日、分かった。配給の東宝関係者が取材に対し、降板を認めた。(デイリースポーツ)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171109-00000153-dal-ent


    【【悲報】真木よう子また突然の降板!篠原涼子主演の映画降板で精神的疲労感が指摘される】の続きを読む


    真木よう子のコミケ大失敗騒動。これは本人の活動に確実に影響を与えていますが、コミケとドラマは関係ないのでその辺りはプロ意識を持ってほしいです。

    1 あちゃこ ★@\(^o^)/ :2017/08/31(木) 12:39:38.15 ID:CAP_USER9.net

     女優の真木よう子(34)がフジテレビの主演ドラマ「セシルのもくろみ」(木曜後10・00)の29日の撮影をキャンセルしていたことが30日、分かった。真木は資金募集サイトを利用して自身の写真集を制作し、コミックマーケット(同人誌即売会)に参加すると表明したところ、その手法にインターネット上で批判が殺到。謝罪コメントを出す事態に追い込まれ、主演ドラマも視聴率が低迷しているだけに、体調が心配されていた。

     真木は25日、東京・有明で12月29~31日に開催予定のコミックマーケット93(冬コミ)で自身のフォトマガジンを頒布すると表明。しかし、参加者の抽選も終わっていない段階で、広く一般から資金を調達するクラウドファンディングの専用サイト「CAMPFIRE」を利用して、写真集制作には高額の800万円の支援を求めたため、自費出版が原則のコミケへの理解を含めて批判的なコメントが相次いだ。

     これを受け28日、自身のフェイスブックで参加撤回を発表。コミケへの理解が足らなかったことを謝罪した上で「すべては無知な私の責任」とした。

     しかし、翌29日に自身のツイッターのアカウント名が「????騙(だま)された????」になり、説明がないままアカウント自体を削除。真木の様子が心配されたが「実はその日のドラマの撮影を突然キャンセルしたため、制作担当者は相当困惑していた。30日は現れたのですが…」(番組関係者)という。

     真木を利用し、苦境に陥れた存在として浮上してきたのが、クラウドファンディングを募った専用サイトの運営者ら。IT関係者は「有名芸能人に近づいて商売する彼らのお膳立てに、真木さんが乗っかってしまった」と背景を説明。スポニチ本紙の取材に運営者の一人は「彼女への提案を僕からはしていない。1カ月以内に私から経緯を説明します」と話した。

     ▼コミックマーケット 通称「コミケ」。漫画愛好家によるサークルなどが自主制作の同人誌などを販売。直近では今月11~13日に行われ延べ50万人を動員。タレントの叶姉妹の参加が話題を呼ぶ。

     【真木よう子“トラブル”の経過】

     ▼6月28日 ツイッター開設。100件以上コメントを返すマメさで話題に

     ▼7月11日 ベッドで土下座する写真をツイッターで公開し反響

     ▼同13日 第1話放送。初回平均視聴率は5・1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ、以下同じ)

     ▼同27日 ツイッターに投稿された「胸が垂れた」との指摘に、「子供産んで授乳して34歳の本物のFカップは重力に逆らえず垂れるのが正常です。申し訳御座いませんです」と返答し話題に

     ▼8月17日 第6話が放送。平均視聴率が同ドラマ最低の3・7%に

     ▼同25日 クラウドファンディングや制作費を募り、今冬「コミックマーケット93」でフォトマガジンを発売する計画を発表。批判を浴びる

     ▼同28日 自身のフェイスブックで批判への謝罪文を掲載

     ▼同29日 ドラマ収録をキャンセル。ツイッターを削除

    [ 2017年8月31日 06:45 ]
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/08/31/kiji/20170831s00041000016000c.html




    (出典 cdn.mdpr.jp)


    【真木よう子、主演ドラマ収録ドタキャン コミケ参加計画利用されショック?】の続きを読む


    最近では真木=セシルの話題が定着してますが、

    その真木よう子がコミケ参加と聞いて、なぜあなたがコミケ?と思ったのは私だけでしょうか

    1 muffin ★@\(^o^)/ :2017/08/26(土) 12:19:26.25 ID:CAP_USER9.net

    https://mdpr.jp/news/detail/1709718
    2017.08.26 05:03

    女優の真木よう子が25日、今年の12月29~31日に開催される「コミックマーケット93」へ出展のため応募(※出展は抽選制)したことを発表した。
    また、併せてフォトマガジンの制作のため、クラウドファンディングにて資金援助を求めることも分かった。
    真木は、自身のTwitterでコミケ応募用の封筒とともに写った写真を投稿し、当選を願った。


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 cdn.mdpr.jp)


    (出典 cdn.mdpr.jp)


    (出典 cdn.mdpr.jp)


    また、出版社を挟まずに個人でコミケに向けたフォトブックの制作を希望。クラウドファウンディングを通じて目標金額である800万円達成に向け広く資金援助を呼びかけている。
    資金援助を求める理由については「こうした雑誌を皆様と一緒に作り上げたいと思い立ったから」としている。

    フォトブックの内容はファンの希望する真木の写真や、真木の本音などを掲載する予定。

    初めまして。ワタクシ、通り名・真木よう子と申します。「コミックマーケット93」に向けて、フォトマガジン(ZINE)を作ろうと、試みて居ります。
    此れは、個人。「真木よう子」としての活動で御座います。出版社を挟まず、皆様の御希望の写真、ワタクシの本音。等、多数載せる予定で御座います。
    今回、クラウドファンディングを利用しようと思ったのは、こうした雑誌を皆様と一緒に作り上げたいと思い立ったからです。雑誌のタイトル・内容も、未だ何も決まって居ませんので、是非、皆様の意見・要望をお送り下さい。
    誠に申し訳御座いませんが本プロジェクトへの御支援御鞭撻。宜しく御願い致します。

    【仕様】A5、オールカラー、本文320ページ
    【スタッフ】撮影:鈴木心、インタビュアー:吉田豪、編集:北尾修一、デザイン:未定
    目標金額:8,000,000円
    期間:2017年8月25日(金)~9月28日(木) 23:59まで
    リターン(返礼品)一例:
    ・フォトマガジン、オリジナルTシャツ ¥5,000
    ・フォトマガジン、誌面にお名前クレジット権 ¥10,000
    ・フォトマガジン、本誌の撮影ロケ地決定権 ¥500,000


    【【芸能】“真木よう子“ コミックマーケットに応募 個人のフォトマガジン制作のため資金援助も募る】の続きを読む

    このページのトップヘ