芸能速報シネマドットコム@チロ

芸能関係、映画内容や最新情報などのエンターテインメントを主に発信しています

    カテゴリ:ジャニーズ > Hey! Say! JUMP


    地味な方が大衆受けするから、支持率上がるのは間違いない

    1 きゅう ★ :2017/12/03(日) 12:30:38.28 ID:CAP_USER9.net

     11月30日に放送された『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)にHey!Say!JUMPの山田涼介が出演。番組内では「キラキラジャニーズ 山田涼介のアイドルとしては100点なのに…実は超地味な生活!」と題した企画を放送し、山田の地味すぎるプライベートが明らかに。

     まず、山田は家のカーテンは常に閉めているらしく、その事実にスタジオ内がざわつきだす。山田は「そんなにおかしいですか?」と困惑の声を漏らしつつも、「芸能の仕事をしていると、スポットライトを浴びることが多いじゃないですか。だから、日光は遮断してるんですよ」と理由を説明した。

     次に暴露されたのが、休日は9時間以上ゲームをすることだ。「(同メンバーの)知念(侑李)と中島(裕翔)と3人で同じゲームを繋いで、携帯で複数人で喋れたりできるんですよ」「それで、(携帯を)置いて、チャットもしつつ、ずっとやってたら昼の11時~夜の8時まで…」と、ゲーム漬けの休日を送っていることが発覚。

     さらに、ゲームの話は続き、山田が「それこそ二宮(和也)君も…」と他のジャニーズメンバーともゲームをしているらしく、ゲーム仲間でありメンバーの知念から「ゲーム中は二宮君に対し超上から目線」であることを証言された。ゲームで困っている二宮に「しょうがないんで助けてあげますよ」と上から目線で、大先輩を救済した過去があるらしい。

     最後に、食生活はほぼ毎日出前か自炊らしく、外食はほとんどしないことが明かされた。外出を嫌う山田は、一回の買い物で大量のまとめ買いをして、そのまま冷凍保存しているらしく、MCの櫻井翔が「島に住んでるの!?」とツッコむ場面も。丁寧にラップされた肉やパンなどが、綺麗に陳列されている実際の冷凍庫内の写真も公開され、共演者の井森美幸からは「主婦の冷蔵庫」と絶賛され、山田の家事スキルの高さも見られた。

     今回の放送では、ステージ上のキラキラした姿はあまり感じられなかった。しかし、飲み歩いたりジムに通ったりなどの“ザ・芸能人”と思われるような私生活を送ってない、そんな庶民的な部分があるからこそ、ファンから愛されるトップアイドルの今があるのかもしれない。

    http://wjn.jp/article/detail/7901933/


    【【マル秘】JUMP・山田涼介のこれまで明かされなかったベールに包まれたプライベートが明らかになった件】の続きを読む


    実写版は高確率でコケるからある程度は予想できたこと

    1 砂漠のマスカレード ★ :2017/11/18(土) 08:01:12.03 ID:CAP_USER9.net

    11月15日、Hey!Say!JUMP山田涼介(24)主演の映画『鋼の錬金術師』(以下『ハガレン』)のジャパンプレミアが、東京・TOKYO DOME CITY HALLで行われた。
    主演の山田はもちろん、キャストの本田翼、ディーン・フジオカ、蓮佛美沙子らが勢ぞろいし、会場に華を添えていた。

    同作は、2001年~10年まで「月刊少年ガンガン」(スクウェア・エニックス)で連載されていた同名マンガを原作とした映画。
    単行本は全27巻発売されており、累計発行部数は6,100万部を記録する大ヒット作だ。国内のみならず、
    海外にも熱狂的なファンを抱えている作品とあって、『ハガレン』の実写映画化が発表された際には、さまざまな反応が上がっていた。

    そんな中行われたジャパンプレミアだったが、終了後には参加したファンがネット上に“酷評レビュー”を続々と投稿。
    「『鋼の錬金術師』ジャパンプレミア行ってきました。見終わったあと号泣でした、クソ映画すぎて」「舞台あいさつはとても楽しかった。
    でも映画の内容が……原作ファンは見ないほうが吉です」「キャラクターの性格・設定を改悪してて胸*悪かったです。
    二度と見たくありません」という厳しい感想が多い。

    実写映画化が発表されてからというもの、『ハガレン』の原作ファンからは反発の声が多く上がっていたが、入場者特典が原作者の荒川弘氏による
    「描き下ろし特別編コミックス」だと発表されると、さらなる炎上が。
    実写映画に反対していた原作ファンも、「描き下ろし特別編コミックスを手に入れたい」という人は多い。
    しかし、コミックスを手に入れるためには映画を見なくてはならない……といったループが生まれてしまい、
    「このやり方は、原作ファンへの嫌がらせ」「映画を見たくないのに見なきゃ特典がもらえないとか、最悪だ」と、ブーイングの嵐となっていたのだ。

    そんなことも影響したのか、10月31日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)では、『ハガレン』の映画前売りチケットの売れ行きが芳しくないと報道されていた。
    同誌によると、生田斗真主演の映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』、
    嵐・二宮和也主演の映画『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』の3分の1程度の売れ行きとのことで、かなり苦戦を強いられていることがわかる。
    なお、興行通信社が発表した「全国映画動員ランキング」によると、『先生!~』は初登場5位、『ラストレシピ~』も初登場3位と、いずれも厳しい滑り出しであった。

    『ハガレン』ジャパンプレミアでは、同作がヒットした場合には「“続編”が作られる可能性もある」といった旨の発言もあったとか。
    12月1日に全国ロードショーが迫っているが、はたしてファンにはどう受け止められるだろうか。




    http://dailynewsonline.jp/article/1377014/
    2017.11.18 07:23 デイリーニュースオンライン


    【【芸能】Hey!Say!JUMP山田涼介『鋼の錬金術師』が酷すぎると話題に】の続きを読む


    海外メディアでの紹介が酷そうな予感しかしないけど
    芸能人なのに写真を使ってはいけない風潮はオカシイ

    1 砂漠のマスカレード ★ :2017/10/29(日) 01:47:32.33 ID:CAP_USER9.net

    アジア最大級の映画祭、第30回東京国際映画祭が25日、開幕した。そのオープニングイベントが、
    同映画祭の会場となる東京・六本木で行われたが、そこで“ジャニーズルール”が発揮され、外国人記者の失笑を買うという一幕があった。

    「国際映画祭、と銘打っているわけですから、その取材スタイルも、ユニバーサルスタンダードでないといけない。それをジャニーズ事務所がいびつにしているのです。まるで“肖像権の鎖国”ですよ」

    と、スポーツ紙の映画記者はあきれる。

    同映画祭のオープニング作品として上映されたのが『鋼の錬金術師』。主演は、人気アイドルグループ、Hey! Say! JUMPの山田涼介(24)だ。

    「オープニングの、レッドカーペットとセレモニーに参加したのはいいけれど……」

    映画関係者の表情がくもる。その理由を、

    「取材陣に配られたリリースに、こう書いてあってんです。『通常のイベント通り、山田涼介さんの写真・動画をWEBメディアに掲載する事は出来ません』と。

    さらに海外の取材陣に対しても『日本語表記となるWEBメディアでの掲載はNGとなりますので』と制限を設けているのです。
    WEB動画の取材もある中、山田だけの映り込みがないようにしろって言われても、できますか? 
    しかも『通常のイベント通り』って何ですか? 通常のイベントと東京国際映画祭って、なんの関係があるんですか」

    とぶちまける。

    山田は、共演者の女優・本田翼(25)らと登場し、その後レッドカーペットをかっ歩した。

    「レッドカーペットの片側はテレビメディアのカメラ、もう一方は映画祭を支える熱心なファンがいて、出演者がサインをしたりするんです。
    山田は、サインをすることはなく、ずっとテレビカメラ側を歩いていましたね。映画ファンと交流するという映画祭の趣旨に、まったく反しています」

    と、前出の映画会社関係者も忌々しげな表情だ。

    WEBの動画・静止画にタレントの写真を載せない、というのは「ジャニーズの社是(しゃぜ)ですけどね」とテレビ誌記者。「それがどんな時代遅れか、そろそろ気づいてもいいんですけどね」と皮肉を加える。

    写真撮影の席では、山田がいるバージョンと山田を排除したバージョンが設けられたが、

    「普段のイベントであれば、ジャニーズのタレントが外れた時は、舞台裏に控えたりできるのですが、今回はそうはいかない。
    他の人が撮影されている脇で、所在なさそうな感じでただ立っていましたよ。
    祭りに参加できなくて、ちょっと不憫というか、そんな感じでした」(雑誌カメラマン)

    国内のイベントなどでは、“ジャニーズルール”を当たり前のように適用しているが、国際的なイベントでもそれを貫くのは、ゴリ押しそのもの。
    ジャニー社長がプロデュースの意欲を見せる、東京五輪の開会式。それが実現しても、“時代遅れの社是”は変わらないのだろうか。

    「クールジャパン」として多彩なコンテンツを海外に発信する国家的取り組みに、ジャニーズ事務所だけが非協力、と指を指されても仕方ない愚行だ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13814704/
    2017年10月28日 21時0分 週刊女性PRIME


    【【芸能】山田涼介、事務所の “時代遅れな社是” のせいで外国人記者から失笑され、海外でどうやって紹介されたか想像に難くない 】の続きを読む


    ナミヤ雑貨店の奇跡って累計800万部もあるとか

    原作は素晴らしいけど、映画は大丈夫か?

    1 名無シネマ@上映中 :2017/08/31(木) 21:22:19.59 ID:VcL2yKtM.net

    全世代が涙。累計800万部突破!
    東野圭吾史上、最も泣ける感動作

    それは手紙がつなぐ、たった一夜の優しい奇蹟

    映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』公式サイト
    http://namiya-movie.jp/

    2017年9月23日(土)公開

    山田涼介
    村上虹郎 寛一郎 成海璃子 門脇麦
    林遣都 鈴木梨央 山下リオ 手塚とおる PANTA
    萩原聖人 / 小林薫 / 吉行和子
    尾野真千子 / 西田敏行

    原作:東野圭吾「ナミヤ雑貨店の奇蹟」角川文庫刊
    監督:廣木隆一
    脚本:斉藤ひろし
    主題歌:山下達郎「REBORN」(ワーナーミュージック・ジャパン)


    (出典 auctions.c.yimg.jp)


    【【東野圭吾原作】山田涼介主演のナミヤ雑貨店の奇蹟が本日初公開 原作ファンなどの反応は?】の続きを読む

    このページのトップヘ