知り合いの女性にもガンになってどうにか立ち直った人がいるので頑張ってほしい

1 ストラト ★ :2018/01/17(水) 12:21:32.51 ID:CAP_USER9.net

モデルで女優の高橋メアリージュンの著書「Difficult? Yes. Impossible? …NO. わたしの『不幸』がひとつ欠けたとして」が1月22日に発売される。

高橋メアリージュン、子宮頸がんを告白

同書にて、高橋は借金生活や潰瘍性大腸炎を経験、そして「子宮頸がん」を告白。
「闇金ウシジマくん」「コウノドリ」「隣の家族は青く見える」など注目のドラマや映画で存在感を発揮する高橋だが、「幸せな未来を生きていきたい」と言う。
誰もが望む未来ではあるが、その言葉の裏には、自身が歩んできた「衝撃」の半生があった。
30歳を迎え、思いを込めて綴る「言葉」が「幸せな未来を生きる」処方箋になる。

「不幸はひとが決めるものじゃない」…反響続々

「他人にはない経験」をしたからこそ見えたもの、知りえたことに反響続々。
「不幸はひとが決めるものじゃない、その考え方にはっとさせられました」(30歳・女性)、「たくましい、その一言。選択肢がないことで手に入れられるもの、という言葉はないものねだりのわたしを変えてくれそうです」(20代・女性)という声が寄せられているという。

内容紹介※『』内斜体は本人の言葉(リリース抜粋)

時を経て、2016年。高橋メアリージュンは女優として活躍の場を広げていました。突如感じた下腹部への違和感――そこから事態は急転します。

『2016年11月8日。願掛けも兼ねて、29歳の誕生日に検査結果を聞きに病院 へ向かいました。撮影では馴染み深い診察室。白衣の医師とふたり。ごくふつうの風景の中で、 医師は、「高橋さん、検査の結果、がんが見つかりました」まるでなんてこともないようにそう言いました』
 
これまでも難病・潰瘍性大腸炎や顔面神経麻痺などを経験してきた彼女。そこに新たな「壁」が立ちはだかったのです。転移していれば「抗がん剤治療」もしくは「子宮摘出」を考えなければいけない。「抗がん剤は高いと聞く。子宮を残したい」その思いは感情を揺さぶりました。

(全文はコチラ)
http://mdpr.jp/news/detail/1740714

高橋メアリージュン プロフィール
1987年11月8日生まれ。滋賀県出身。
「横浜・湘南オーディション」でグランプリを獲得し、芸能界デビュー。
2006年3月からファッション誌「CanCam」の専属モデルを務める。
2012年、NHK連続テレビ小説「純と愛」で女優デビュー。
以降、映画、ドラマ、舞台などで活躍の幅を広げる。
主な出演作品に映画「闇金ウシジマくん」、「るろうに剣心」などがある。
また、2013年に難病・潰瘍性大腸炎を患っていることを公表。
本書で子宮頸がんに罹患していたことを告白。

高橋メアリージュンの著書「Difficult? Yes. Impossible? …NO. わたしの『不幸』がひとつ欠けたとして」

(出典 cdn.mdpr.jp)


(出典 cdn.mdpr.jp)



(出典 news.mynavi.jp)



(出典 takablog.net)


【【話題】高橋メアリージュン、子宮頸がんを告白 借金生活・潰瘍性大腸炎を経験…衝撃の半生が明らかにで苦労続きの人生が判明】の続きを読む