芸能速報シネマドットコム@チロ

芸能関係、映画内容や最新情報などのエンターテインメントを主に発信しています

    カテゴリ: 芸能


    確かに全然見なくなった

    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2018/01/18(木) 07:24:31.44 ID:CAP_USER9.net

    あんなに人気だったのに……“ぬっくん”温水洋一を見かけなくなった“裏事情”
    1/18(木) 6:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180118-00536258-shincho-ent

    (出典 lpt.c.yimg.jp)

    “ぬっくん”こと温水洋一(ワン・ツゥ・スリー公式HPより)

    「このハゲーッ!」よりも遥か前、自らの頭髪の薄さと幸薄そうな個性的なキャラクター、そして自分の意見など言えなそうもない情けなさそうな風貌を武器に、
    TVドラマやバラエティ番組で引っ張りだこだった俳優・温水洋一(53)。最近見かけることが減ったけど、一体どうした? 

     ***

    「そもそも温水を見出したのは明石家さんま(62)」というのは業界関係者。

    「それ以前から端役でドラマにも出ていましたけどね。でもメジャーになったのは、2000年に、さんまさんがコントでなく、初めて本格的舞台に主演した『7人ぐらいの兵士』で共演した温水さんを気に入って、
    自分のバラエティ番組『踊る! さんま御殿!!』(97~放送中/日本テレビ系)や『明石家マンション物語』(99~01年/フジテレビ系)に出すようになったからですよ。

    さんまさんから“ぬっくん”と呼ばれて、読みにくい名字も知られて、認知度もアップ。それ以降はドラマに映画にと引っ張りだこになりました」

     たとえば、NHK朝ドラでは「天うらら」(98年)にも出ているが、役名も不明なほどの端役だった。それが00年以降は、「まんてん」(02~03年)、「どんど晴れ」(07年)、「ウェルかめ」(09~10年)、「マッサン」(14~15年)に出演。

     NHK大河ドラマだって、「利家とまつ~加賀百万石物語~」(02年)、「龍馬伝」(10年)、「平清盛」(12年)、「真田丸」(16年)と、立て続けといっていい活躍ぶりだった。

     その間に映画初主演も果たしている。

    >>2以降へ続く


    【【話題】“ぬっくん”温水洋一を見かけなくなった“裏事情”が人間性の問題も少なからずあった?】の続きを読む


    そっち方面はかなりデリケートな問題だから使ったのは失敗だったな

    1 ■忍法帖【Lv=15,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb :2018/01/14(日)07:02:29 ID:???

    年明けから議論・批判が続く“黒塗り”演出
     大晦日恒例のお笑い特番『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで大晦日年越しスペシャル!!
    絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時』(日本テレビ系)の演出をめぐって、年明けから議論・批判が続いている。

     番組の中で、ダウンタウンの浜田雅功が映画「ビバリーヒルズ・コップ」で刑事役を演じたエディ・マーフィのコスプレをした際、
    顔が黒く塗られていた。これについて、インターネットでは「差別ではないか」とSNSを中心に議論となっている。

     この問題は海外のメディアも報じ、アメリカのニューヨーク・タイムズは電子版で「日本のお笑い芸人がブラックフェイスを使って炎上」
    というタイトルで記事を掲載。
    さらに、イギリスの公共放送BBCも「ブラックフェイスの役者が出演したテレビ番組が怒りを買う」の見出しで報じた。(中略)

     日本テレビは、今月6日の『笑ってはいけない』の完全版スペシャルでも黒塗りシーンをカットすることはなく、
    画面に「浜田がエディ・マーフィ演じる刑事にふん装中」という字幕テロップを入れて放送した。
    『けやきヒルズ』は日本テレビに今回の件が議論になっていることなどについて質問し、次の回答が得られた。

     「ご指摘のシーンについては、ダウンタウンの浜田さんが、あくまで、映画『ビバリーヒルズ・コップ』で
    俳優のエディ・マーフィさんが演じる主人公『アクセル・フォーリー』に扮したもので、差別する意図は一切ありません。
    本件をめぐっては、様々なご意見があることは承知しており、今後の番組作りの参考にさせていただきます」

    (略)…この問題をメディアで初めて報じたハフポスト日本版編集長の竹下隆一郎氏は「黒人の肌の色を笑ったと捉えてしまう人がいた」と
    問題点を指摘する。

    『ガキ使』“黒塗り”に日テレ「差別の意図なし」と回答も…ハフポスト編集長「モノマネでも許されない」理由
    ハフポスト日本版編集長の竹下隆一郎氏
     「日本テレビ側に差別の意図はなかったと思う。
    ただ無自覚の差別こそ問題。お笑いというのはタブーに切り込んだり普段言えないことを言ったりして楽しむ文化や、
    ものまねでちょっと小バカにして楽しんだりする。ただ、黒人の方が差別されてきた歴史を考えると、
    お笑いでやるには重過ぎるテーマ。
    先ほどの外国人の方へのインタビューでは、この番組で取り上げた方達だけでなく話を聞いた人全てが、差別問題について
    必ずしっかりと意見を仰っていたと聞いた。それほど黒人への差別問題というのは敏感なもの。
    今回、エディ・マーフィをものまねしている意図はわかるが、黒く塗ったことによって『肌が黒い人をまねた』と
    範囲が広がってしまった。つまり『黒人の肌の色を笑った』と捉えてしまう人がいた。
    それがたとえものまねのつもりだったとしてもそう思われた時点でもう許される問題ではない。」

     小学校・中学校とアメリカの教育を受けてきた竹下氏。歴史については繰り返し教えられてきたという。
    また、逆の立場を仮定し「黒人差別問題は日本だとなじみがないかもしれないが、日本だと例えば原爆に触れるのと同じこと。
    もし被ばく者のものまねがあったとして、お笑い番組だから許してくださいと言われてもさすがに日本人も怒ると思う。
    それに匹敵するようなテーマだと思う」と見解を述べた。(以下略)

    Yahoo!ニュース/1/12(金) 6:04配信 AbemaTIMES
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180112-00010000-abema-ent&p=2


    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    【【話題】『ガキ使』“黒塗り”に日テレ「差別の意図なし」と回答も「許されない」と非難殺到 で番組に問題視の声も】の続きを読む


    傍目から見てもヤクザ系にしかみえないwww

    1 シャチ ★ :2018/01/10(水) 04:04:49.23 ID:CAP_USER9.net

    1/10(水) 2:30配信 毎日新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180110-00000002-mai-soci
     知人男性から現金を脅し取ろうとしたとして、警視庁麻布署が9日、実業家の向井朋郎容疑者(31)や
    指定暴力団住吉会系の組員の男ら6人を恐喝未遂などの容疑で逮捕したことが、
    捜査関係者への取材で分かった。向井容疑者は「TOMORO(トモロウ)」という名前でタレント活動もしている。

     逮捕容疑は昨年7月、知人男性に債務があると因縁をつけ、
    電話で「1200万円返さないとどうなるか分かるよな」などと脅して現金を奪おうとしたなどとされる。男性の相談を受け同署が捜査していた。

     向井容疑者と男性は東京都港区六本木5にある飲食店に共同出資しており、同署は経営を巡ってトラブルがあったとみて調べる。

     向井容疑者は「六本木のカリスマ」「ウルトラ平成バブル男」として、テレビ番組に出演していた。


    (出典 news.nifty.com)



    (出典 tomoro-japan.net)


    【【話題】恐喝未遂でタレントのTOMOROら6人逮捕でヤンキー丸出しな外見も話題にwww】の続きを読む


    岡田はかなり遊び人らしいから数年後は分からない

    1 豆次郎 ★ :2018/01/09(火) 13:49:58.46 ID:CAP_USER9.net

    1/9(火) 13:45配信
    デイリースポーツ

     俳優の岡田義徳と女優の田畑智子が1日に入籍していたことを9日、発表した。


    (出典 geitopi.com)



    (出典 i.ytimg.com)


    【【画像】岡田義徳と田畑智子が1月1日に結婚で紆余曲折あれどゴールインでリスタートwww】の続きを読む


    アイドルっていうのは周囲に認められてアイドルと呼ばれるからどうしようもない

    1 ジョーカーマン ★ :2017/12/31(日) 12:57:16.82 ID:CAP_USER9.net

    2015年に解散したアイドリング!!!の元リーダーで、今日31日をもって芸能界を引退する遠藤舞(29)が胸の内を明かした。

    http://iwashi.biz/
    http://matome-crawler.com/
    http://2chnandemo.atna.jp/
    http://2chmap.com/


    http://trendkeyword.doorblog.jp/
    http://matome100.warotamaker2.com/
    http://2chnavi.net/
    http://blue-a.org/feeds/show_feeds/



    遠藤はツイッターで「私は所謂アイドルと言われることに昔から物凄く抵抗があった。私の中でアイドルとは芸能人という職種の人間がやるべき“芸”が、プロの域に達せず未熟で、その成長過程を楽しんでもらうものと考えているからだ。故に10代や20代前半でそれはアリだとしても、20も半ばを過ぎてそれは恥ずかしい事だとこの職についた時から思っていた」と葛藤があったことを明かした。

    2013年にグループを卒業し、ソロ歌手に転向したが、「私は未だに元アイドルの肩書きなしにはメディアに出られず、アイドル的な売り方をしなければCDも売れない。アイドルを卒業してから何年もたった今も、最近知り合った人にはアイドルという目で見られてしまう」という。
    その原因について「私の“芸”の才能が、アイドルの域を所詮超えられなかったからなんだと思う」と自己分析し、「自分の才能の無さに嫌気がさして、他の適する職業を目指す事となりました」と、引退を決意した経緯をつづった。

    引退後の進路については言及しなかったが、「また別の道で今度は未熟者を脱せるように頑張ります!」と意気込みをつづり、「最後まで未熟だった私を見捨てずに応援してくださりありがとうございました。自分自身が見切りをつけてしまったものすら諦めずに応援して下さり、感謝しています」と締めくくった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171231-00090149-nksports-ent

    元アイドリング!!! 遠藤舞

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【芸能】遠藤舞(元アイドリングリーダー)が芸能界引退の心境を明かし、アイドル扱いされるのが嫌だったと告白】の続きを読む

    このページのトップヘ